理学療法士の定義

理学療法士の定義

・理学療法の定義は理学療法士および作業療法士法による定義

・WCPT(World Confederation for Physical Therapy)の定義

・イギリスの定義

・アメリカの定義

がある。

理学療法の定義は理学療法士および作業療法士法による定義

「理学療法士及び作業療法士法」第2条には「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義されている。

WCPT(World Confederation for Physical Therapy)の定義

PRINCIPLES AND GUIDANCE FOR INITIATING THE TRAINING OF PHYSICAL THERAPISTS

INTRODUCTION

Physical therapy is one of the profession complementary to medicine. Together with other professions, such as nursing, occupational therapy and social service, physical therapy plays an important and dynamic role in the medical, social and vocational rehabilitation of the physically and mentally handicapped. To appreciate the importance of a comprehensive programme of treatment for the maintenance of health, for the prevention of disability and for the rehabilitation of the sick and handicapped one must understand the scope of physical therapy and the role of the physical therapist.

Physical therapy is the art and science of physical treatment by means of therapeutic exercise, instruction, heat, cold, light, water, massage and electricity. Among the aims of treatment are the relief of pain, the increase of circulation, the prevention and correction of disability, and the maximum return of strength, mobility and co-ordination. Physical therapy also includes the performance of electrical and manual tests to determine the amount of impairment of nerve supply and the strength of muscles; tests to determine functional abilities; measurement of range of joint movement, and measurement of vital capacity as diagnostic aids for the physician and for recording progress. As well as working to prevent disability and to rehabilitate the sick and handicapped, physical therapists are also active in preventive medicine and undertake clinical research.

理学療法は、身体的治療の技術および科学であり、運動療法、教育指導、温熱、寒冷、光線、水、マッサージおよび電気などを治療手段とする。治療目的の中に痛みの緩和、循環の増加、障害(disability)の予防と改善、力、可動性及び協調性の最大回復がある。

理学療法は神経支配と筋力の障害(impairment)程度を決定するための電気的・徒手的テスト、機能的能力を決定するためのテスト、関節可動域の測定、肺活量の測定を医師の診療補助とし、また経過を記録する目的として行うことを含む。

理学療法士は障害(disability)を予防し病人および障碍者(handicapped)を社会復帰(rehabilitation)させるために働くとともに、予防医学においても活動的であり、また臨床研究も行う。

イギリスの定義

理学療法とは、疾病と傷害の予防と治療並びに日常生活動作を含む機能の発達と回復を図るために、物理的手段を使い、リハビリテーションの過程を援助することである。

アメリカ理学療法業務の概念

理学療法は、ヘルス・ケアのプロフェッションであり、病院、クリニック、ナーシングホーム、開業等の場で行われる。理学療法士は、病気、けが、事故、先天的障害等によって障害を持つ患者に働きかける。理学療法士は神経筋系、骨格筋系、感覚運動系、そして心肺機能の評価を行う。理学療法士は患者の主治医である医師または歯科医師の依頼を受けて、テストの結果に基づいて初期、長期の治療計画を立てる。更に理学療法士は患者に動機づけをし、患者と家族への指導と回復期に関係する他の医療職種への指導を行う。

  

ページの先頭へ