理学療法士とは?

理学療法士とはどのような職業なのか?理学療法士について、仕事内容、なり方、キャリアプラン、理学療法について、詳しく解説します。

理学療法士とは

文部大臣または厚生大臣の指定した学校で3年間ないし4年間にて当該科目を履修し、厚生大臣の行う年1回の国家試験に合格した後、当名称を用いて医師の指示のもと「理学療法」を行うことを業とする者をさす。1965年(昭和40)「理学療法士及び作業療法士法」(昭和40年法律137号)が制定される。「理学療法」とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法で、「理学療法士及び作業療法士法」第2条には「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義される。理学療法士は「Physical Therapist(フィジカルセラピスト)」といい、“PT”と略することが多い。国家資格は名称独占資格になっており、国家資格を取得していなければ理学療法士と名乗って業務を行うことはできない。理学療法は医療行為に位置付けられており、医師の指示に基づいて行われる。理学療法は大きく2つに分類される。一つは筋肉や関節などの運動による“運動療法”である。もう一つは温熱刺激や電気刺激などの物理的手段を用いる“物理療法”がある。これらに2つによって「立つ」「座る」「歩く」などの生活基本動作の回復を図ることなどが目的となる。 また、近年では障害予防などの予防医学としての場面や健康維持の観点から理学療法士としての活動拠点の場はいっそうの広がりをみせている。一般的な病院での働きに止まらず、スポーツ分野や行政分野でもその役割が大きく期待されている。また類似する職種に作業療法士「Occupational Therapist(オキュペーショナルセラピスト(OT))が存在し、海外ではともに総称してHealth Professionsという。違いは理学療法士が機能回復のためのリハビリを行うのに対し、作業療法士は社会適応に向けた心と身体のリハビリを行うことにある。

理学療法士の仕事

理学療法士の仕事について、役割、業務内容、活躍する現場、1日の過ごし方、年収などについて解説します。

詳しくみる

理学療法士の役割

理学療法士の役割について、基本項目から、医療機関、福祉施設、教育現場、研究施設、その他様々な職場ごとに解説します。

詳しくはこちら

理学療法士の業務内容

リハビリテーションの現場において、心身に障害を持つ人々が、日常生活や社会生活を再建できるように心身機能の回復を促し、身の回りのことを主体的に対処できるようにサポートしていくことである。

詳しくはこちら

理学療法士が活躍する現場

医療施設・福祉施設・地域の施設・企業といった活躍する現場ごとで解説致します。

詳しくはこちら

理学療法士の1日

理学療法士の1日を病院、介護福祉施設、訪問リハビリの3つの現場ごとで解説致します。

詳しくはこちら

理学療法士の年収

理学療法士の年収について、平均年収、初任給、雇用形態、年収の増やし方などについて、解説をします。

詳しくはこちら

理学療法士になるには

理学療法士になるために、向いている人、資格取得の方法から、一人前の理学療法士になるまでのプロセスを解説します。

詳しくみる

理学療法士は国家資格

理学療法士の資格を取得するための手順、養成校でのカリキュラム、国家試験などについて、解説します。

詳しくはこちら

どのような人が理学療法士に向いているか

理学療法士に必要な知識や能力についてご説明致します。

詳しくはこちら

理学療法士養成校について

理学療法士の養成校について、種類、比較、選び方、カリキュラムなどを解説します。

詳しくはこちら

理学療法士の試験について

理学療法士の国家試験について、スケジュールや試験科目について解説をします。

詳しくはこちら

理学療法士のキャリアプラン

理学療法士のキャリアプランについて、資格取得後から一人前の理学療法士になるまで、その後の生き方について解説をします。

詳しくみる

一人前の理学療法士とは

技術面・人格面・人間面から一人前の理学療法士について解説致します。

詳しくはこちら

資格取得後の最初の職場

一般的なのは病院勤務、クリニック、介護施設、訪問看護といった働き方から最初の職場について解説致します。

詳しくはこちら

理学療法士の転職事情

理学療法士の転職事情について、手順、ノウハウ、体験談、求人情報について解説をします。

詳しくはこちら

理学療法士の副業について

最も多いのが、非常勤アルバイトによる副業で、訪問リハビリ、デイケア、デイサービスなどの単発のバイトについて解説致します。

詳しくはこちら

理学療法士の独立について

理学療法士の独立について、独立の種類、必要な経験や知識についての情報を解説致します。

詳しくはこちら

リハプライムが提唱する理学療法士のキャリアプラン

理学療法士のキャリアプランについて、資格取得後から一人前の理学療法士になるまで、その後の生き方について解説をします。

詳しくはこちら

理学療法とは

理学療法について、扱う疾患、種類、具体的な理学療法について、解説します。

詳しくみる

理学療法の定義

理学療法士の定義を日本・イギリス・アメリカ・WCPTに分類して解説します。

詳しくはこちら

理学療法の対象となる人とは

病院での理学療法では、病気、けが、事故などにより障害を有する者が対象となります。さらに詳細は下記に記載しています。

詳しくはこちら

理学療法の対象疾患とは

理学療法士の対象疾患を疾患別にご紹介します。

詳しくはこちら

採用情報

職種別の採用情報

ページの先頭へ