理学療法士の年収

理学療法士の年収について、平均年収、初任給、雇用形態、年収の増やし方などについて、解説をします。

理学療法士〜年収の解説〜

厚生労働省調べでは、理学療法士平均年収は400万円程度です。内訳として月収では手当等も含め28万円ほどで、年間のボーナスでは64万円ほどです。

男女差ではわずかに男性の方が上で、差額は20~30万円ほどの差があるとされています。経験年数なども待遇面には反映されますが、特別大きな額とはならないことが多いです。年齢だけで判断すると、若い人ほど同年代の一般的なサラリーマンよりは給与面は良いことが多く、20代全般の一般企業では20万円ほどの給料ということも少なくありません。

役職手当などが存在する科長、主任などもありますが、平均的な企業での昇進コースとは違い、理学療法士の世界では上を目指すための席は少ない傾向にあります。そこで、一つの会社(就職先)で出世を目指して昇進しながら給料をあげることよりも、同じ資格を用いた仕事の中で、給料待遇の良い分野に転職することが多いです。

例えば、一般病院からインセンティブのある訪問リハビリ、クリニックから教員(研究やレポートによる業績が考慮される)への転換などで待遇や年収アップを図っているケースです。理学療法士業界では、いくつかの条件を満たしてなれる専門理学療法士がありますが、これにより患者のリハビリ診療が高くなることもないため、給料面反映する材料がないのも事実です。キャリアアップ=給料アップのイメージが先行しすぎているため、転職の際は志望動機がしっかりしていないと、採用担当側にはやりがいよりもお金という印象を与えてしまうことがあります。理学療法士として豊かになることは、お金ももちろん大切ですが、自分が何を成し遂げたいのかを明確にすることが重要です。

短時間でのパートやアルバイトのような場合では、時間換算で金額が高いため、いわゆる”かけもち“を行い、1週間で5施設を週1回で巡回しながら給与取得するなどして、総合的な収入アップを図っていく方法もあります。しかし、このケースでは社会保険に加入することが難しいため、それぞれのメリット・デメリットについて、配慮が必要です。

  

理学療法士の年収について

厚生労働省の調査結果を参考に、理学療法士を含む他の医療職と比較すると、

・理学療法士 約405万円前後

・看護師   約480万円前後

・放射線技師 約524万円前後

・薬剤師   約515万円前後

・歯科衛生士 約352万円前後

となります。

  

理学療法士の平均年収

  

理学療法士の平均年収は、全体で404万9100円。男性で412万4600円、女性で396万6700円となっています

年次別でみても、約10年間(2010年~)特に変わっている様子はありません。月の給与では男性で28万9700円、女性で28万4100円です。平均賞与は、男性で64万8200円、女性で63万9900円です。

企業規模別の比較では、男女共に規模が大きくなると年収の総額が高くなる傾向があり、企業規模100人~999人では、ボーナスが男性で66万9800円、女性で65万6400円となります。1000人以上の企業では、ボーナスは男性で72万3000円、女性で67万8000円です。

理学療法士の生涯年収では、22歳から59歳までを生涯年収とすると、男性で、1億7758万700円、女性では1億6778万9600円となっています。

◇年代別年収(男性)

20代前半 年収328万6400円 賞与35万6000円(将来の結婚費用の蓄えなどを考える頃)

30代前半 年収418万2800円 賞与69万5600円(マンションや家を建てるなどを考える頃の目安)

40代前半 年収482万2600円 賞与81万7000円(養育費と家のローンを払っている頃)

50代前半 年収586万2900円 賞与98万1300円(養育費と家のローン、財産管理などの頃)

となる。

◇年代別年収(女性)

20代前半 年収322万7200円 賞与31万9600円(趣味の時間に使ったり、結婚費用の蓄えなどを考える頃)

30代前半 年収392万5100円 賞与61万7900円(子育て中だとパートもしくは配偶者の稼ぎだけの可能性も)

40代前半 年収450万8900円 賞与85万 100円(子育てが一段落で、常勤再開している頃)

50代前半 年収558万6900円 賞与111万900円(ベテラン女性理学療法士で後輩の育成)

となる。

カッコ書きで、スタッフの心情を記入してみましたが、目安として頂きたいのは何かをやっている頃、やりたい頃の年収を先に理解することで、人生設計の役に立ててほしいということです。

漠然とした将来の様子を語るより、自分が将来している生活には、いくらのお金があるのかなどの参考となります。金額はあくまでも集計データであるため、全てこの通りではありませんが、大きい企業ほど収入額が高くなるのは、どこの業界にも共通です。

  

年代別の理学療法士の年収

年代別に男女の違いを示すと以下のようになります。

20代    平均年収 354万円  男性 358万円  女性 350万円

30代    平均年収 418万円  男性 430万円  女性 407万円

40代    平均年収 480万円  男性 490万円  女性 471万円

50代    平均年収 537万円  男性 561万円  女性 513万円

となっています。

ただし、企業規模(職員数100以下から1000人以上の企業も含む)の幅が広い統計データのため、あくまでも数字上での比較です。基本給以外では、手当ての名目で上乗せや調整を行なっているので、あくまでも資料内容は参考程度です。

  

地域別の理学療法士の年収

地域別年収については、厚生労働省の公表にあわせ、随時記載していきます。

職種に関わらず都道府県別の年収ランキング上位10位では、

1位  東京都  615万5600円

2位  愛知県  539万8600円

3位  神奈川県 531万9000円

4位  大阪府  528万2800円

5位  京都府  498万7200円

6位  三重県  491万1400円

7位  茨城県  488万8900円

8位  広島県  486万6100円

9位  千葉県  486万2800円

10位  滋賀県  483万9200円

となっています。

下位5位では

1位  青森県  359万4600円

2位  宮崎県  365万7600円

3位  沖縄県  366万1900円

4位  岩手県  371万8500円

5位  秋田県  373万5300円

となります。

  

理学療法士の最高年収

資格を活用している中では、教授などの教育機関での分野が高いです。資格にこだわらない場合では、最も高いのは経営者として独立・起業している理学療法士となります。会社を運営し、年商数億円の理学療法士は稀ではありません。ただし、運営サイドに回ることは、資格を有する能力とは全くの別物であるため誰もが出来ることではありません。専門職に多い“その道を究める”だけに止まらずに、新しいものへのチャレンジ精神やフロンティア精神などがなければできない事です。

理学療法士の初任給は

理学療法士では、専門学校もしくは大学を卒業後、新卒採用で就職した場合の初任給は概ね23万円前後が多い傾向にあります。

入社時の時点では、理学療法士としての経験や能力に差がないと考えられるので同じ給与からが多いです。

新卒と比べ中途採用の場合では、ある程度の幅をもたせているところもあります。施設基準、社内基準があるので金額で説明はできないですが、考慮される内容としては、職務経歴、前職の役職、取得している資格、個別能力などがあります。

厚生労働省の統計データによれば、25~29歳で3~4年の業務経験がある理学療法士の平均給与は25万円程度となっており、30~34歳で6年程度の業務経験がある場合の平均給与が26~27万円程度となっています。

初任給からアップを狙うには、認定理学療法士、専門理学療法士を取ること。取得が難しいと言われる資格は、当然取得者数が少ないため、他の資格よりも手当が優遇される場合も考えられます。

他に給与アップを図るとすれば、基本給(ベース)が高いところに転職するなどがあります。それは、訪問リハビリがほとんどです。訪問リハビリは基本給のほかに、インセンティブを設けているところが多いです。そういったところは若いうちで体力に自信があれば、頑張って多数の件数を回ることもことも可能です。ただし、訪問リハビリでは、個人プレーでの働き方で直接自身のリハビリを見てもらい指導する仕組みが無いため、技術の進展、発展が個人の努力目標に依存してしまう可能性があります。どこで働くかを決める理由は、金額も大事ですが、どうありたいか自身の将来像を明確にしておくと良いでしょう。

理学療法士の生涯年収

理学療法士の生涯賃金はおよそ1億5千万円から1億8千万円と、2億円弱となっています。

厚生労働省調査によるランキングでは

1位 航空操縦士  6億1320万円

2位 医師     4億3610万円

3位 公認会計士  3億4360万円

4位 記者     3億1360万円

5位 歯科医師   3億135万円

6位 大学教授   2億7950万円

7位 掘削・発破工 2億7400万円

8位 弁護士    2億6530万円

9位 客室乗務員  2億6400万円

10位 公務員    2億5760万円

となる。

ランキングに現れない、社長業(企業規模による)では幅が広すぎるため表示は難しく、トップクラスとなれば重役レベルで、ゆうに1位は軽く超えます。

理学療法士の年収を伸ばすには

理学療法士の給与は決して高くはありませんが、低すぎる事もありません。一般的なサラリーマンと比べても初任給は優位です。ただし一般企業と違うのは、伸びしろがあまりないのが業界の特徴でもあります。そこで、年収アップの方法をいくつか提示してみましょう。

◇職場内での役職を目指していく

◇教員、養成校の教員になる

◇医療関連企業への就職する

◇副業を行う(単発の訪問リハビリ、アフェリエイト、ネット販売)

◇時給が高い日雇いリハビリで生計をたてる

◇独立・起業する

などの方法があります。

  

転職で年収を伸ばす

実践しやすく、わかりやすいところでは、前職でのキャリアとなります。役職業務(管理職や科長)をこなしていた、専門もしくは認定理学療法士であるなどが挙げられます。その他では、高年収への転職などがあり、年収設定がそもそも高い分野への転職です。教育機関や訪問リハビリなどが挙げられます。教育機関では、研究発表や論文などにより実績を積み上げることでそれが可能となっていきます。訪問リハビリは、巡回件数を増やすことによるインセンティブなどで年収アップを達成することができます。

  

副業で年収を伸ばす

資格を活用した副業では、単発の訪問リハビリ、日雇いの福祉施設へのリハビリなどがあります。

資格を使用しないものでは、パソコンなどを使った、アフェリエイト、ネット販売なども今時の副業といえます。現に理学療法士が開設しているブログの多さには驚かされるばかりです。ただ、残念なことに誤った情報も多く見受けられるため、この理学療法士さん大丈夫かな、など心配することも多いです。自宅で出来る仕事としては、Webライティングなどもありますが、自宅で出来る副業はどれもある程度の知識と使いこなすまでの時間を要するため、すぐにお金に代わるものではありません。

  

キャリアアップで年収を伸ばす

資格を活用したキャリアップならもちろん、認定理学療法士や専門理学療法士などがあります。職場内での昇進では、役職をめざめしていきます。企業ごとに名称は変わりますが、チームリーダー、主任、フロア長、科長(課長)、部長などが一般的です。

役職での昇進は、勤務態度は勿論ですが、単なる治療技術者としての向上よりも、組織に対する評価などが挙げられます。そのため、長く務めることでステップアップしていく工程ですので、すぐに転職してしまうようでは、どの職場でも築きにくいものとなります。

リハプライムでの理学療法士の年収

若年層においては、一般企業よりも高い設定である。経験年数3年程度で25万~28万円となります。

キャリアパスも確保されていて、どの企業においても言えることだが、昇給・昇進は実績評価であるため、個人の努力の程度が自分よがりでは前に進みにくくなるでしょう。有資格者においてはその職務に従事することは至極当然なので、改めて「リハビリを頑張っています」は前提となります。

そのうえで、何ができるのか、何をしたいのかなどの可能性などに合わせてステップアップしていきましょう。

  

ページの先頭へ