理学療法士のキャリアプラン

理学療法士のキャリアプランについて、資格取得後から一人前の理学療法士になるまで、その後の生き方について解説をします。

理学療法士の副業について

最も多いのが、非常勤アルバイトによる副業である。訪問リハビリ、デイケア、デイサービスなどの単発のバイトである。

短時間のバイトの場合、時間給の設定が高いため効率良い副業の一つと言える。ただし、メインの会社が、そもそも副業をNGとしている場合があるの注意が必要である。現在は、マイナンバー制度が導入された為、見つからずに副業をすることは難しくなった。勤務先での住民税の特別徴収で、住民税の額増えることで経理に見つかる場合が多い。

資格にこだわらない場合では、副業として、ネットによる広告収入(アフィリエイト)などで収入を得る方法があるが、単価が低いため大きな収入となるには簡単ではない。他にはネット販売など、自宅で手軽に、容易に行えるところはメリットであろう。パソコン環境が整いかつ、操作にもたけているのであれば、クラウドソーシングサービスなどといった副業も存在する。時間をコントロールできるため、すきな時間に仕事ができるのも好まれる理由である。お金に関する知識などがある方では、株取引、FX、近年ニュースでも報じられて有名な仮想通貨などにもある。見えないところでお金が動くため、現物支給でないと心配と思う方にはお勧めはしない。海外では、個人のレベルで資産運用はごく当たり前に行われるが、日本ではまだまだ定着しておらず、ギャンブル性のイメージが高いのも確かである。不動産投資などもそれに属するが、自ら専門的な知識を学ぶかもしくはそれを有する者にアドバイスをこう環境などがないと、安定的な収入資源として数えるには難しいものがある。

自身のタイプにあわせ、最適なものを活用して頂きたいが、副業は副業。本業が疎かになっては元も子もない。まして本業での規則で副業をNGとしている場合では、収入を上げることは誰においても大切なテーマだが、簡単に謝罪だけでは済まされないことも多い。先に述べると、法律的にも副業が認められない理由に、一般的なところでは秘密保持義務などが有名だが、他には競業避止義務といった聞きなれないものもあるが、うかつな行動で大きな失敗を招かいないように、自分にあったスタイルの副業を確立していただきたい。

  

ページの先頭へ