【小児】志事が終われば・・・

訪問看護の田口です。

 

研修会の会場から。

コンパスならではの

社内研修をあなたに紹介します!

 

さて・・・

コンパス訪問看護では、

主にシニアの方を対象に

看護及びリハビリテーションを提供しています。

 

 

ですが・・・

ここ最近は小児の看護やリハビリテーションの需要も高まってきています。

 

そんな小児の利用者様や親御さんに安心して

看護・リハビリテーションを受けて頂き、

生活の目標、目的を達成するサポートができるように、

小児勉強会を開催しました。

 

 

勉強会の主な構成は、

1)座学

2)リハビリ方法(実技)

のたった2つ

 

たった2つしかないけれど・・・

その中で実際に学ぶ知識量は

筋肉や骨、関節はもちろん神経や内臓といった

カラダの各部位を含んでいます。

 

そして、訪問看護で実践するには、

これだけでは足りないのです。

いかに利用者さんをイメージして、

カラダだけでなく

生活をイメージできるかです。

 

実際のリハビリ現場では、40分~60分の中で

利用者様と体の状態とニーズを踏まえた

最善のリハビリテーションを

提案できるかが重要になります。

 

 

最初にお伝えしたように

ニーズが拡大しつつあるため、

私たちも日々学び、

小児の利用者さんにも

より良い看護・リハビリを

受けて欲しいと業務後に集まって、

隔週で実践しています。

 

お子さんの訪問看護、

リハビリについてのご相談は、こちらまで

▶︎お問い合わせフォーム

 

 

 

投稿者: kensuke kimura

kensuke kimura
リハプライム株式会社 本部勤務 理学療法士