【習慣】コンパスには欠かせない8時30分

 コンパス訪問看護の朝はここから始まる

FC本部の木村です。

今日は、コンパス訪問看護リハビリステーションから。

コンパスには毎朝、朝礼のさらに前に実施している習慣があります。

それは・・・

もう何年も前から。

 

 

目的は一つ。

コンパス訪問看護の立ち上げよりさらに前。

コンパスデイサービスの立ち上げの頃の想い。

社長の想い。

 

 

シニアのハッピーリタイアメント社会実現のため、

それがどのように毎朝の習慣に繋がるんだと感じた方も多数いらっしゃるかもしれません。

 

具体的な社長の想いについては具体的には下記のリンクでぜひ目を通して頂けるとありがたいです。

ものすごく熱い想いが込められています。

 

▶︎代表挨拶〜コンパスの『想い』

 

 

さて、本題です。

シニアのハッピーリタイアメント社会を作るためには、

 

私たち現場にいるスタッフから

その気持ちで行動し続ける必要があります。

 

現場にいるスタッフ一人一人が会社の顔であり

コンパスが大切にしたいシニアの方々と

すぐ身近に接する立場にある。

 

だからこそ、

朝どんなに遅く起きたとしても

朝からストレスなことでイライラしていても

朝家族とトラブルがあっても

 

コンパスに来れば

どんな感情の起伏があったとしてもリセットする

それがプロの仕事として

当たり前にできるようにする。

 

それを社内にいる誰もができる。

 

そのために実施している朝一番の「習慣」

 

8:30

「おはようございます!!」

と元気の良い挨拶とともにするハイタッチ!!

 

 

コンパスの大きな財産の一つは。

コンパスに所属するスタッフ95名(2017年8月時点)の

そのプロ意識。

 

年内には100名以上が所属する会社になる予定です。

 

今後も定期的に会社の特徴や想いをお読み頂いている

あなたに届くように更新していきます!

 

ぜひ楽しみにして頂ければと思います。

 

▶︎コンパスウォークのフランチャイズについてはこちら

▶︎コンパスに興味がある!働いてみたい!という方はこちら

 

投稿者: kensuke kimura

kensuke kimura
リハプライム株式会社 本部勤務 理学療法士