「シニアの在宅生活」をサポートするための
地域に根差して展開する、小規模で、顔の見える「地域包括システム」

「リハプライム株式会社」は、「高齢化日本をハッピーリタイアメント社会に変える」「お年寄りを介助して護る「介護」サービスではなく、人生の大先輩を敬って護る「敬護」サービスをする」をスローガンに、いわゆるリハビリ型デイサービスと訪問看護ステーションとの運営をメインにして実施している会社(2017年5月時点)です。
デイサービスや訪問看護はあくまで「手段のひとつ」で、利用者様の「羅針盤(コンパス)」に向かうために必要な「手段」はすべてやっていくグループだという意識で志事をしています。私共の「コンパス」とは、一言であらわすと「羅針盤」という意味で、シニアの心と体の「機能回復」「最良の人生の回復」を目標にした「羅針盤(コンパス)」を、関係者全員で共有・共感し、常に行動にしていこうという「想い」から名付けました。
「ヴィレッジ構想」とは、一言でいうと、(1)「シニアの在宅生活」をサポートするための (2)本気の民間企業による (3)400m~500mの範囲で展開する、小規模で、顔の見える「地域包括システム」です。「自分が歳をとったら、同年代のお年寄りばかり集めた、コンクリートでできた施設の中の個室で暮らす生活をするのか?」 「体が不自由になると、ずっと周りに気を使って、行きたいところに、行きたい時に、行くこともできなくなるのか?」 「見守られて生きていくのか?」 「体の自由が利かなくても、なお、自分のペースで、わがままに、楽しく生きていけないか?」 そんな希望を叶えるために、当社は「コンパス・ヴィレッジ構想」を推進します。

【今後のコンパスヴィレッジ構想の具体的な計画】
•2021年3月末までに、歩行訓練特化型デイサービス「コンパスウォーク」を全国に100店舗FC出店していきます。
•2026年3月末までに歩行訓練専門の「コンパスウォーク」を軸に、周辺に、訪問看護、介護タクシー、訪問介護、居宅事業所、福祉用具、1日型役割りデイサービス、コミュニティサロンなどを配した「コンパス ヴィレッジ」を全国に100か所展開していきます。