理学療法士の為の《起業家・オーナー育成制度》開設 社内研修とOJT。もちろん、研修中も給与保障有で、完全週休2日制の就労。だから安心して学べます。

「PTとしてやりたかったリハビリ、出来ていますか?」

あんなに、現場に立つ毎日の中で、専門向けの海外書から一般向けの健康書や障害予防の記事やレポート、コラムに協会誌まで読み、可能な限り治療のケースに役立つと思えば、休みを返上してまで各種講習会・学会に行き学習して、ありとあらゆる知識とスキルを身につけ臨んだ現場。

しかし、すべての(利用者)患者は救えないし、まるでビジネスでもしてるかの様な職場の人間関係や環境に悩んだり・・・
その他では資格はお金を稼ぐ為だけのツール?みたいな人もいたり・・・
研究結果、統計調査ばかり用いる感情がないリハビリを見た横で、朝から晩までマッサージ大臣の様な人もいたり・・・
筋肉トレーニングばかり行なうスポーツのパーソナルトレーナーの様なPTだったり・・・
newsやサイトのページをみては、厚生省の法改定や国の責任ばかりで、いつも他人事の様な先輩がいたり・・・
効果と改善だけが優先された心のないリハビり。私だけはみんなと違う、希望を持つ、夢を言う、あの時のこみ上げる意識はどこですか?

人の助けになりたい。地域に貢献したい、困っている人の支援になりたい等。結局できずじまいで毎日が作業を行うだけで終わっていませんか?
組織の中の一人で終わり、笑顔の数が低下している状況にも気づかずに日々を送る労働になっていませんか?
本当にやりたかった自分のリハビリテーションを本当にやれていますか?
あなたのあゆむ道は、あなた以外だれのものでもないのです。あなたの存在は、心のメッセージに従って希望をもって取り組みましょう。


理学療法士として生涯キャリアを積む事を考えるなら、本当に自分が納得して活動、活躍できる場所でこそ、力を発揮してみようじゃありませんか。

この仕事をして、過去に一度は起業・独立を考えたことってありませんか?今は若いからまだ無理、40代ぐらいで管理職ぐらいは経験してからにしようなど、思った事ってありませんか?はっきり言ってそれは間違いです。


ここである理学療法士の友人のお話をさせてください・・・


一般的な医療の現場で臨床を中心に働く、過去に起業に興味があった方のケースです。


・臨床経験20年目の40前半の男性(既婚子供1人)、病院で勤務。院でのリハビリにも定評があり、障害を持つ方の多くの支えになろうと、学会で主催する勉強会にもよく参加される。勤務態度も良好で上司の指示に対しても的確な連携・対応が評価され5年前よりリハビリ科の管理職となる。将来必要となるだろう費用と現在の理学療法士の平均年収(過去の調査よりこのケースでは平均年収450~500万円前後)への不安、加えて日ごろからのリハビリの技術に自信があったこともあり、独立を考えていた。また配偶者の後押しもあり開業した。資金はあまりなく、融資を受けてまでやるのは考えていなかったので、小さな賃貸の部屋を借りてスタートする。保険を使わない自費での商売であったが、治療家・セラピストとして機能訓練や関節可動域訓練はもちろん、身体のことは当たり前のように理解しやっていた腕を前職でも認められていたこともあるし、20年の経験もあるのだから自らもそれなりの自負もあり、その辺のリハビリには負けないだろうと思い、最初こそ客数はすくなかったが、徐々に増えていくだろうとなんとなく自信はあり、あまり心配もしていなかった。しかし、思うように客数は増えず、時間だけが過ぎていき、焦りはやがてある確信へと変わる。「無理かも」。これ以上続けると借金だけがかさむ一方なので、余儀なく1年後、廃業となる。


想像できますか?このお話・・・

何が課題だったか、わかりますか?


大きくは2つです。

1つ目は、技術があればお客は取れると思っていた点。

2つ目は、20年もやっていたので、何とかなると思っていた点。


少し説明を付け加えますと・・・技術の点に関しては日本で一番といえるほどの技術であれば違うかもしれませんが、そこそこでは他との差がつきませんし、まして自費ですから金額に見合う内容かどうかはシビアに判断されることに対して、軽んじてしまったということです。


もう一つは、20年の臨床で学んだことと、経営運営することは全く別物であることに気づけなかったことです。



たとえ、contentsやアイデアがあっても、それだけでは成功する行為にはなりませんし、まして、本屋で買って読んだレベルやどこかの動画で追加した知識では、何の役にも立ちません。過去にも多くの独立・起業した方が似たような過ちを何度もしているのを知っています。

例えば接骨院を開業している柔道整復師が治療として実践している手技はどのレベルでしょうか?
医療現場で活躍している理学療法士の治療の腕はどのレベルでしょうか?

どちらも、医療であったり治療の観点から考えると骨折後の関節の運動機能を向上させたり、麻痺の後遺症や回復をさせたり、女性に多く見られる肩こりを治療したり、いろんなケースに合わせ日々技術を上げる努力に、ライフスタイルを使っていることでしょう。
しかし、それは経営が成り立つことであったり、運営対策になっているのかは、全く関係ないのです。日本一の有名な治療家でTVにもでるような人ならまだしも、その辺と変わらない内容だったり、よほど差別化された売りでもなければ、客を取ることなんかできませんし、お店は低下の一途をたどっていくだけです。


経営運営ノウハウを学ぶことは、全くもって新しい別の分野なので、結局は一から学ばねばなりません。だったら早いにこしたことはないんです。新たな成功のステージへ、早くエントリーしてください。今やっていることの延長だけでは、独立にはならないのです。


例えば、質問です。独立に必要なことを何個挙げられますか?


ニュースでは日々医療費・介護費の削減が報告され、学会等でも今後の将来について良く挙げられているテーマです。今後少子高齢化がさらに進む中で、日本でセラピストとしての将来を時代任せにいきるかどうかあなた次第です。医療・診療の現場で働く皆さま、自分の人生・道をもう一度考えるチャンスです。一歩踏み出そうとするあなたに向け、あなたの求める


あなたらしいセラピストとしての生き方をしてみませんか?今現在公開されている独立セミナーは過去に比べて非常に少なくなってきています。なぜなら簡単に言うと、起業しづらい難しい時代になったからです。ニュースでも報道されているように人口全体が減る中で、高齢者が増えていくという時代になってしまっているからです。医療費・介護費用がかさむのに税収入があまりない国になったからです。しかし、そんな時でも必ず成功する人はいるものです。


成功する人と失敗する人の違いとは?


病院や臨床現場で働く中で、職場での人スタッフ間でうまく連携がとれず間関係で辞めて転職してみたり、大病院に勤めたけれど昇給するチャンス恵まれず、下からくるものに追い越され諦めて転職してみたり、自分の求める職場の理想に出会えないからを理由に転職したり、それもまた自分で選んだ人生。しかし、どうせ資格を取ったのならば、自分の好きなことをやりきるセラピストで終わりたいのを選択するのも、すべては自分で決めることなのです。きっかけや想いも何となく訪れるわけではなく、自分の中に感じる内なる声にしっかり耳を傾けなければ、見えるものも見なくなり、可能なものも不可能にしか映りません。あなたの回りに、いつもあなたに都合の良いコミュニケーションをしてくれる人がいれば別ですが、そうでなければ成功の道に自らエントリーしなければ何も変わりません。指示待ち人間ではチャンスも見落としてしまいます。


近年、ニュースやインターネットで情報等が増える中、最近では社会全体が健康への強い関心傾向となっている。テレビ業界全体規模での健康に役立つ番組も増え、専門分野の知識も容易に手に入るようになっている。介護保険業界では、事業では日々求める内容も変化し、利用者そのものの多様なニーズに応えるべく、施設サービスだけに止まらず、地域全体が予防的な生涯保障のようなものも含む介護事業への取り組みを考え、活動し始めている地域もある。その他医療業界では、高い知識を有した患者が増え、その職場の在り方、業務作業の在り方についても、以前のような医師の指示のもと行われていた診療行為も、医師は絶対の存在とはなり得にくく、信頼度の低い医療業界になっている。介護・医療ともに世間の流れに合わせて、変化を求められる時代となっている。そうしたポイントを押さえることも成功の重要な要素であるが、案外にそれに耳を傾けない医療従事者が多いのも経験的に感じるところである。あなたが真に成功したいなら、いろんな正確な情報を手に入れる手段を身に着けるか、既に成功している人とともに歩むかしか方法はないのです。成功に関心があるなら、まずは行動してみようと思うあなたがそこにいるなら、私たちはいつでも応援します。


自分の将来をイメージ!!!

リハプライムは、そんなあなた(理学療法士)の為に【独立オーナー育成コース】を主催しています。セラピストの必要性を理解している会社だから、基本をおさえ原点になった“わくわくする、喜んでもらえるリハビリ”を、あなた自身が自らの手で作ろうとする理学療法を、最大限バックアップ致します。育成コース(1年間)では、経営運営コンサルティング担当のプロとベテラン理学療法士がタッグを組んで、徹底して訓練・指導していきます。病院では経験できない時代に合わせた経営運営のハウツウはもちろん、オーナーとしての働く「あり方」や「やり方(コーチングやチームビルディングなど)」、2018年度最新の介護保険業界情報(診療報酬費情報も含む)、全てを網羅した内容にて、不安を解消しながらの充実した安心サポート体制をご用意ご案内しています。独立・開業を意思決定すると、通所フランチャイズ事業の加盟金全額をリハプライムが肩代わりするなど、大きな助成サポートを受けることができます。


何よりも、他の起業セミナーと違うポイントは、“起業・独立の勉強を教えて終わり”じゃなく、実際に“覚えて行動する”を繰り返す、体感型のオーナー研修であるということ。作業ベースでは終わりません。出来るまで徹底的に補助します。後、必要なのは、あなたの「やりたいリハビリへ挑戦する思い」だけです。


理学療法士として、本当にやりたかったリハビリを、本当に志すリハビリを見据えて、リハプライムで一緒に始めましょう。lineやtwitterの世界だけでまとめる人生で終わったらつまらないです既得権ばかり言う前に、能力を最大に活用して、あなたの幸せの定義、規模全体を現状維持で止めずに、拡大してください。自らを更新し続けられる強い人になりましょう。


仮に27歳でスタートすると、4年後の30歳には、お店のオーナーになっている自分と、そうでない自分。今の生活状態から想像してみてください。将来の先にある次の自分像を。楽しい人生の術を身につけ、喜びの多い人生、幸せが増える人生をかなえてください。

臨床で、多くの障害に悩む方々を見て、多くの職種と連携して地域の人の役に立ちたい、


医療活動というツールを使って、人の寿命に関わる大切な仕事をしたい、日々研究を重ねた最新のポイントを押さえたリハビリプログラムやmenuで大規模な社会貢献をしたいなど、やりたかった夢をかなえてください。自分に「しかたないよ」という理由をたくらない。

あなたに関心の薄い上司に「あなたの船(人生)」のオールを任せてはいけません。 あなたの人生シナリオを見直しませんか? 負の兆しに気づいているのに、見て見ぬふりをしていませんか?少しでも興味のある方は、いつでも見えるようにブックマークやお気に入り登録して頂いても良いですし、いつでもお気軽に悩むよりまずはお電話を。 ※経験年数は問いません。カリキュラムの一部には、独立した先輩PTのエピソードやインタビューなども入っています。

起業家・オーナー育成プログラム

「カリキュラム一部紹介」

▼実務編 起業オーナーを磨く

12の必須能力

⇒経営者自身が身につけなくてはならない能力

▼応用編 あらゆる経営の悩みを克服する

4つの鉄板ルール

⇒様々な経営の悩みへの対処

▼リハビリ編 疾患別リハビリテーション

①疾患別リハビリの捉え方  ②リハビリテーション技術マニュアル・・・etc

他にもたくさんのプログラムやツールがあり、安心して行えるようにサポートします。

 医療の現場だけは知りえない実際の話(患者さんの本当の声でわかった、リハビリの本当の効果)なども踏まえた、実践的なリハビリの指導。臨床でみかける、リハビリのウソ?ホント?なども紹介。(カリキュラムやmenuの内容は、個人差に合わせて一部変更することあり)何よりも、他の起業セミナーと違うのは、“起業・独立の勉強を教えて終わり”じゃなく、実際に“覚えて行動する”を繰り返す、体感型のオーナー研修であるということ。出来るまで徹底サポートするシステムです。後、必要なのは、あなたの「やりたいリハビリへ挑戦する思い」だけです。残りの人生、寿命はどのぐらいありますか?

理学療法士として、本当にやりたかったリハビリを、本当に志すリハビリを見据えて、リハプライムで一緒に始めましょう。たくさんある候補の中で、あなたはどんなライフスタイルを選択しますか?

少しでも興味のある方は、悩むよりまずはお電話を。 ※経験年数は問いません。

*教育・育成のベースになる「コンパスウォーク」と名付けられたデイサービスは、理学療法士による、食事・入浴がない歩行訓練に特化したデイサービスです。施設の特徴としては、①歩行訓練に特化した個別リハビリテーション、②介護職員による手技、リラクゼーションとしての介護整体を提供します。加えて、③温熱ホットパック、足岩盤浴、低周波リハも提供します。高まる施設イベントのブームとは一線を画して、高齢者に対する本気のリハビリや運動指導に力を注いで社会貢献する施設です。

*リハビリの在宅サポート特化の訪問看護リハビリステーション(正社員PT・OT・言語聴覚士・看護師 70名在籍)と、技術的な交流をしていきます。


理学療法士が独立するために知ってほしいトピックス

■文科学会・部門はこちら
◎ 日本理学療法士学会:http://jspt.japanpt.or.jp

■学会の開催スケジュールはこちら
◎ 日本理学療法学術大会開催予定日:http://jspt.japanpt.or.jp

■理学療法士 勤務地別給与相場
◎ 一般的な病院勤務の場合
男性30代前半の場合平均年収 約400万円前後で、勤務年数、経験年数による考慮はさほどに大きくない。
ただし、課長などの役職につけば年収500万円前後の場合もある。(役職の種類は一般的な会社員に比べて少なく、昇給のチャンスも少あまりないのが現状である)
理学療法士、作業療法士の平均年収統計厚生省調べ(https://www.mhlw.go.jp

◎ 教員の場合
臨床現場より、平均年収が高いことが多いとされていて、論文提出などの功績により、大学等では650万円以上も可能だがかなりの狭き門でかつ一握りのものしかない。
専門学校では養成校の増加と少子化に伴い大学ほどの年収になることはほとんどなく、450~500万円前後となる

◎ 国立系病院の場合
いわゆる公務員にあたるため、年功序列で上がっていく方式となり、その分初任給など特に低いことがある

◎ 訪問看護ステーションの場合
若手と呼ばれる経験年数2,3年目でも比較的高い収入を得やすく、個人の努力次第(訪問件数を増やす)では、700万円に近い収入も可能なことがある

◎ ちなみに副業の場合
休みの日の訪問リハビリなどでの非常勤アルバイトがほとんどとなる。ただし、勤務先で副業自体を認めていないこともあるので、トラブルにならないように注意が必要である。収入はあくまでも、お小遣い稼ぎ程度である

◎ 平均年収が気になったら:https://heikinnenshu.jp(平均年収.JP)

■理学療法士の将来性
◎ 将来性についての関連記事:https://co-medical.mynavi.jp
◎ リハビリ業界とAIの導入:https://ai-worker.jp
◎ 理学療法士 国家試験合格率:https://shikakuclip.com/
◎ リハビリと再生医療:https://www.nikkei.com
◎ 地域包括ケアシステムと理学療法:http://www.japanpt.or.jp
◎ 人生100年時代の新市場「リハビリ支援ロボット」記事:https://www.projectdesign.jp
◎ 理学療法士の独立と実態:https://co-medical.mynavi.jp
◎ 理学療法士 独立・起業支援ページ:http://kinoukaifuku.com

■理学療法士 転職関連
◎ 理学療法士の転職でのポイント:http://kinoukaifuku.com/independence/jobchange/
◎ 体験談 ”リアルな”退職理由:https://hideyukiriha.com
◎ その辞め方大丈夫?転職がうまくいく! 関連記事:https://pt-matsu.com
◎ 人間関係で転職・退職を考えた理学療法士(PT)が取るべき行動:https://reha-tenshoku.com
◎ PT・OT・STが退職・転職する本当の理由:https://reha-tenshoku.com
◎ 実際にあった人間関係トラブル:https://school-hikaku.net

■理学療法士
◎ やりがい 理学療法士及び職種別の「やりがい」コメント:https://rehabilitation-genba.com
◎ 「急性期」でのやりがい:https://co-medical.mynavi.jp
◎ 「回復期」でのやりがい:https://kaifukuki.doctorsfile.jp
◎ 「維持期」でのやりがい:http://careergarden.jp
◎ 「訪問リハビリ」でのやりがい:http://rihawolf.com
◎ 「デイサービス」でのやりがい:https://shigotodegozaru.com
◎ 「老健(介護老人保健施設)」でのやりがい:https://kaigo-information.com

■理学療法士 働き方
◎ 「クリニック」で働く:https://shigotodegozaru.com/
◎ 「訪問リハビリ」で働く:https://shigotodegozaru.com/
◎ 「老健(介護老人保健施設)」で働く:https://shigotodegozaru.com
◎ 「有料老人ホーム」で働く:https://shigotodegozaru.com/
◎ 「サ高住(サービス付き高齢者住宅)」で働く:https://shigotodegozaru.com

■理学療法士 独立関連
◎ 「理学療法士は開業できる?」:https://kurumereha.ac.jp
◎ 「 失敗しない小さなサロンの開業」:https://www.felicite-kobe.net
◎ 「理学療法士の独立を成功させるには」:https://ptformation.net
◎ 「整体院経営すると失敗する理学療法士」:http://nakamurakotaro.blog.jp
◎ 「理学療法士が独立して陥る3つの落とし穴」:http://kinoukaifuku.com/independence/
◎ 「独立・起業の恐るべき事実とは?」:http://kinoukaifuku.com/independence/
◎ 「デイサービス開業前に知っておきたい3つのこととは?」:http://kinoukaifuku.com/kaigyo/

■理学療法士 キャリアアップ
◎ 「理学療法士のキャリアップに必要な知識と意識」:https://hanasaka-pt.com/physical-therapist-career-up