コンパス訪問看護リハビリステーション

~0歳から110歳まで住み慣れたご自宅でのワクワク生活を支援いたします~


訪問看護サービスとは?

訪問に伺わせていただくのは、コンパス訪問看護リハビリステーションから派遣される看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士です。多くは地域のケアマネージャー様から依頼をうけ、利用者様の主治医からの訪問看護指示書が発行されてから訪問がスタートします。病気や障害をもちながら在宅療養する方は全て訪問看護が利用できます。高齢者の場合は、内服管理が必要な認知症の方や、日常生活能力(ADL)が低下しひとりで入浴ができない、あるいは入浴時に病状の観察が必要な方が訪問看護を利用するケースが少なくありません。その他がん末期や、老衰、疾患による終末期にも自宅で過ごせるよう、看護ケアを受ける方もいます。また、ご本人は寝たきりの状態でご家族が介護をしている家庭にも訪問し、褥瘡(じょくそう ※床ずれのこと)の処置や医療機器の管理、在宅でのリハビリテーション、排泄のケア、介護支援の指導や栄養相談なども行います。

コンパスの『訪問看護』・『訪問看護リハビリ』・『コンパスリラクシング』とは?

訪問看護

在宅療養されている方、在宅介護を受けている方のご自宅まで看護師がお伺いして医療的なケアを行います。主治医の先生やケアマネージャー様と連携をとりながら、皆様が安心して生活が送れるようにサポートいたします。ご自宅へ訪問した看護師は体温・脈拍・血圧・呼吸状態などのバイタルチェックを行い、ご本人様やご家族様からご病気の状況やご自宅でのお悩み事を伺い、総合的に必要な医療ケアを判断いたします。そして主治医の先生と連携をとりながら病状の改善や悪化の予防に必要な医療的処置を行います。

訪問看護リハビリ

当事業所の看護師の代わりに理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を伺わせていただきます。国家資格をもったリハビリのプロがお体のお困り事に対して機能回復を提供します。ご病気の影響により運動麻痺、体に痛みが出ている方、寝たきりとなってしまい身体拘縮(関節が固まってしまうこと)の進行を予防したい方、ご自宅の日常動作(トイレ動作、家事動作、歩く動作、階段昇降動作など)を安全に行えるように練習したい方、誤嚥を予防したい方などたくさんの事例がありますが、身体のお困りごとを抱えている方は是非訪問看護リハビリをご活用ください!慣れ親しんだご自宅で在宅生活が尊厳をもって送れるように最大限にサポートをいたいます。

コンパスリラクシング(自費訪問型コンディショニング)

自費の訪問型サービスであり医療保険・介護保険を利用せず年齢問わずに理学療法士がご自宅まで訪問する新サービスとなっています。そのため誰でも希望のサービスを受けられ、ケアプランに影響がなく指示書を待つタイムラグなく訪問が開始できます。すでに医療保険・介護保険を利用している方でも併用して利用可能です。介護保険で訪問リハビリのサービスを週120分受けているが、まだ体のコンディショニングを受けたい方、介護保険・医療保険の利用が条件としては当てはまらないが予防目的で体のメンテナンスをした方、集中して施術を受けたい方、退院後ただちに施術を受けたい方などはコンパスリラクシングをご活用ください。経験豊富なセラピストがしっかり体を調整させていただきます。

訪問看護・訪問リハビリの内容・介入事例紹介

看護師 ・血圧・酸素状態などの管理
・点滴の処置
・排泄の管理、調整
・入浴、清拭などの清潔の保持
・くすりの管理
・床ずれ、傷の処置、管理
・看護師による医療処置
・24時間の医療的サポート
・痛みの管理
・精神的不安の援助
理学療法士・作業療法士 ・家での転倒の予防をしたい
・曲がった姿勢をよくしたい
・腰痛、ひざ痛を軽くしたい
・外出できるようにしたい
・階段昇降ができるようにしたい
・トイレまで一人で行けるようにしたい
・風呂に入れるようになりたい
・認知症状の悪化を防ぎたい
・家で何かをするようになってほしい
・呼吸リハで息苦しさの改善
言語聴覚士 ・失語症の改善(言葉が出ない、遅れる)
・構音障害の改善(うまく喋れない)
・音声障害の改善(質の大きさが調整できない)
・嚥下障害の改善(よだれが出る、むせる)
・高次脳機能障害の改善(集中できない)
・認知症の進行予防
・子供の言語発達の改善(言葉が遅い) 

コンパス訪問看護リハビリステーションの特徴!

1.看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護支援専門員が在籍したスムーズな連携体制

当事業所には看護師、セラピスト、介護支援専門員が在籍し、利用者様の状態についてただちに連携をとることができます。利用者様の状態が変化した時や、サービス内容を変更したときなどスムーズに連携をとり、いち早く利用者様の状況を担当者間で共有できます。共有した情報をもとにその状態に見合ったサービスの検討が行え、質の高いサービスを提供できます。

2.嚥下・言語・小児・難病疾患の方でもリハビリの対応が行えます。

訪問看護ステーションでは言語聴覚士の方が多数いる事業所は多くなく、当事業所は7名在籍し、言語・嚥下・子供の発達の分野のアプローチを行うことができます。小児のリハビリの依頼も多くなっており運動面から言語面まで対応する体制が整っています。さらに当事業所のスタッフは以前病院で難病の患者様のアプローチ経験があるスタッフが多数在籍しているため難病疾患をもつ利用者様でも適切なリハビリ対応が行えます。

3.埼玉県内最大級の看護師・セラピスト総勢70名以上の臨床経験で皆様の症状に対応いたします。

当事業所は看護師・セラピストだけで総勢70名以上在籍しており、様々な分野の臨床経験を積んできているスタッフばかりです。脳血管障害、整形外科、心臓リハ、呼吸リハ、糖尿病などの専門分野の経験を網羅しています。そのためどんな利用者様でも看護師・セラピスト全員の経験や知恵を最大限活用し皆様をサポートいたします。

4.さいたま市全域を網羅し訪問するこが可能です。(一部上尾市まで)

当事業所はスタッフ全員が訪問車を使用しているためさいたま市全域をカバーできます。さいたま市にお住まいであればどこでも駆け付けますのでお気軽にご相談ください。

訪問看護を受けるには?

訪問看護は病気や障害をもちながら在宅療養する人は全て対象になりますが、その方の疾患、年齢などにより介護保険と医療保険のどちらを利用できるかが異なります。いずれの保険も必ず主治医の訪問看護指示書が必要です。介護保険で訪問看護を利用できる方は、65歳以上で、要 支援・要介護認定を受けている方です。第1号被保険者といいます。また、40~64歳の方は、介護保険上で「特定疾病」とされている末期がんや関節リウマチ等が原因で要支援・要介護の認定を受けた場合に、利用できます。これに該当する方を第2号被保険者といいます。 いずれも、「要支援1~2」または「要介護1~5」と認定を受けた方は、担当ケアマネジャーと相談し訪問看護ステーションに依頼をしてもらいましょう。

訪問看護スタートまでの流れ

1.ご相談 ケアマネージャー様とご利用者様との間でお困りごとのご相談をしていただきます。
2.ご依頼 ケアマネージャー様から当事業所へご依頼、ご相談をいただきます。
3.指示書の依頼 主治医の先生へ指示書を書いていただく依頼を当事業所からかけます。
4.実態調査 ご自宅での生活状況や、身体の状況を聴取しサービス内容を検討します。
5.ご契約 ご利用者様と当社で訪問看護サービスの契約を交わします。 
6.指示書が到着 当事業所に指示書が届き、主治医の指示内容を確認いたいます。 
7.日程調整 ご利用者様と担当者でスケジュールを調整します。
8.訪問看護スタート ご自宅へ伺わせていただきサービス開始!ご利用者様のご希望と指示書の内容に基づきサービスを実施いたいます。

医療保険と介護保険の使い分けについて

医療保険では、赤ちゃんから高齢者まで年齢制限なく訪問看護を利用できますが、65歳以上の場合は、要支援・要介護認定を受けていない方、つまり介護保険が利用できない方のみとなっています。ただし、65歳以上で介護保険が利用できる方でも、厚生労働省が指定した難病をお 持ちの場合は医療保険が適応になりますので、訪問看護を利用する際には主治医にご相談ください。その他がん末期や人工呼吸器の方、毎日処置が必要な深い床ずれの方も対象になります。また、介護保険でサービスをうけていた方の病状が変化し、がん末期となった場合は医療保険に切り替わります。

医療保険で介入できる疾患の情報について(厚生労働大臣の定める疾病)

訪問回数について

介護保険でのご利用の場合は原則、週に120分までという決まりがあり、60分なら週に2回、40分なら週に3回という形で訪問ができます。医療保険でのご利用の場合は原則週に3回ですが、がん末期などより頻繁な回数の訪問看護が必要と主治医が判断した場合は、特別訪問看護指示書が発行され、週4日以上(回数制限なし)訪問ができます。ただし、特別訪問看護指示書は14日間有効となりますので、期限の延長時には再発行が必要です。

訪問看護・訪問看護リハビリ・コンパスリラクシングの費用について

訪問看護の費用は、訪問時間の長さによって異なります。また、新規に訪問看護を利用する場合や、緊急時に利用する場合など、特定の場面で料金の加算が発生します。下記の料金表は介護保険を利用した際の時間に対する基本的な費用内容です。

看護師訪問 ・20分未満 訪問料金3110円 利用者様負担額(1割負担の場合)311円
・30分未満 訪問料金4670円 利用者様負担額(1割負担の場合)467円
・30分以上60分未満 訪問料金8160円 利用者様負担額(1割負担の場合)816円
・60分以上90分未満 訪問料金11180円 利用者様負担額(1割負担の場合)1118円
リハビリ訪問 ・20分 訪問料金2960円 利用者様負担額(1割負担の場合)296円
・40分 訪問料金5920円 利用者様負担額(1割負担の場合)592円
・60分 訪問料金8880円 利用者様負担額(1割負担の場合)888円
コンパスリラクシング ・20分 訪問料金2960円 
・40分 訪問料金5920円 
・60分 訪問料金8880円