コンパスウォーク

~歩くから広がる幸せ・生きがいの創造~


コンパスウォークってこんなデイサービス!

『歩行』に特化したデイサービス!

医療の国家資格を持つ専門家があなたの「歩く」を分析して、個別にリハビリします。 私たちの取り扱い商品は「シニアの幸せでわくわくする毎日」です。 「子供や孫とどこ行こう!?」「今年こそはあそこにいくぞ!」をサポートするのが私たちの願いです。 あきらめないで、本気の「歩行のプロ」にまかせてみてください!!

人生の大先輩に「敬意を払う」当たり前のことができる社員教育、当たり前の生活を回復するための「歩行改善プログラム」、リハビリを楽しく継続する為の「介護整体」、いずれもシニア世代の「幸せ感」「わくわく感」を創ることを目的にしています。 一度きりの人生、限りある時間、常に誇らしく生きる大先輩を本気の私達にサポートさせてください。


歩くための5つの要素

下肢筋力

筋力、特に下肢筋力は「座る、立つ、歩く」などの日常生活の基本となる動作に深く関係しており、筋力が高いと日常生活動作が非常に楽にでき、疲れにくくなります。一方、筋力の低下は「少しの階段昇降で脚が疲れる」、「買い物かごを持つのがおっくうで、カートをすぐに利用する」などにつながり、筋肉や関節にも負担がかかることから、歩行を困難にする要因となります。

心肺機能

心肺機能は「スタミナ」とも称されるように、長時間にわたって身体活動を可能とする能力です。心臓や肺の働きによる酸素摂取能力で示されますが、普段からよく身体を動かしているかどうかによって大きく影響されます。したがって、心肺機能の低下は日頃の運動不足が推測され、肥満や高血圧、糖尿病等の生活習慣病にかかる確率が高くなり、歩く要素に強くかかわります。

柔軟性

筋肉が柔軟で関節の可動域が高いことは生活動作をスムーズにします。関節の可動域が制限されれば様々な動作(歩くことや、着替え動作、階段の昇り降りなど)に支障をきたし、また、少しの動作でも関節や筋肉に負担がかかり痛みや、関節障害にもつながります。関節の障害を認めながら歩くことは大変負担が大きく、柔軟性は歩行獲得に向けてとても重要な要素です。

活動性

歩くためには日々の活動性が非常に重要であり、日常の活動習慣により姿勢、体力、筋力が決まり、歩くための要素すべてに絡みます。現役を退いたシニアの方々は、社会的役割が減り自分自身の生きる目標を見出しにくくなることから、社会的な関わりが少なくなり家に引きこもりがちになります。このような状況はシニアの日常生活を非活動的にし、身体的生活機能のみならず、精神的および社会的な生活機能をも低下させる大きな要因となります。

姿勢

姿勢は運動の状態を決める重要な要素であり、悪い姿勢で歩くと関節に大きな負担を与え痛みや、さらに悪い姿勢になる悪循環を認めます。逆に良い姿勢で歩くことで関節にかかる負担は減り、美しく、精神的な健康にも強く関与します。

コンパスウォークの5つのポイント!

1.個別歩行訓練

利用者様の体の状況に応じた歩行改善プログラムを計画します。同じご病気や同じ体の障害でも、歩き方というのは一人ひとり異なり、その人にあった歩き方を提供するにはプロの分析が必要と考えます。どの部位に筋力低下があるのか、何が原因でバランスが悪いのか、どの関節に負担が生じているのか、その結果日常生活ではどのようなお困り事があるのかを個別に分析し最適な歩き方に向けた運動プログラムを提供します。

2.理学療法士によるオーダーメイドリハビリ

歩き方を最適化するには運動を行うだけでは難しく、個別リハビリを受けてご自身の体の動き方を適宜把握していく必要があります。ご病気の影響により運動の感覚は今までの感覚とは別物となり、体を動かそうとしても思うように動かすことは難しくなります。そのため筋肉を正しく動かすための運動感覚や、関節に負担をかけない動き方はリハビリを通して体で覚える必要があります。利用者様の体の状態に合わせて運動プログラムを適宜立案していきます。

3.介護整体

全国介護整体協会の認定を受けた整体師による安心の「介護整体」うけることができます。ご病気により負担のかかった動き方をしている皆様の体は凝り固まり、痛みを生じている利用者様も少なくありません。歩くリハビリにつなげるためにもしっかり体の硬い場所をほぐして柔軟性を獲得していただく必要があります。体とともに精神的にもリラックスしてただける整体になっています。

4.メディカルマシーンでの運動療法

ご病気により体力に不安がある方や関節に障害をお持ちの方でも安全に運動が行えるメディカルマシーンを設備しております。自転車エルゴメーター(左図)は有酸素運動を実施でき、バイタルを監視しながら負荷を詳細に決定することができるため安全に運動を行うことができます。レッグエクステンション(右図)、レッグプレスは歩くときに必要な下肢筋力、特に膝周囲の筋力を促通することができます。膝の筋力は全身の筋力と相関するといわれるほど動作を向上させるメリットのある部位です。メディカルマシーンは細かく負荷量を調整できますので膝に筋力が少ない方でも安全に実施が可能となっています。

5.設備環境の充実(低周波、足岩盤浴などの物理療法・平行棒・階段台・マットetc...)

コンパスウォークは運動提供のみならず設備も充実しています。体の痛みや硬さがある方には整体や運動療法以外に物理療法とった手段があります。低周波やホットパックというものが設備され、電気や温熱といったものを利用することで筋肉がほぐれやすく体の血液循環を良好にします。日常生活で段差の練習をしたい方には平行棒内で階段、段差の練習をすることができます。マットの用意もあり自宅での床上の動作練習やバランスやステップの練習をすることもできます。

コンパスウォークのご利用の流れ

1.ご相談 ご利用者様と担当のケアマネジャー様でデイサービスについてご相談をします。
2.ご依頼 ケアマネージャー様から当デイサービスへご依頼、ご相談をいただきます。
3.見学・体験を行う ご自身の目で見て、直接話を聞き、雰囲気を感じることはとても重要です。実際に運動を体験(お試し)ができますので体感をして決めるのも重要です。また、曜日によってデイサービスに通うご利用者様が異なるので、雰囲気も変わると感じることもあると思いますので、見学・体験をする際は、ご利用を予定している曜日に見学することをおススメします。
4.サービス担当者会議 ご利用者様の介護サービスに関わる関係者が集い、ご利用者様の情報を共有するための「サービス担当者会議」が開かれます。
5.ご契約 ご利用者様と当デイサービスの契約を交わします。 
6.日程調整 ご利用者様とデイサービスに通う曜日、回数を決定します。
7.コンパスウォークスタート ご利用者様のご希望内容に沿うようにサービスを実施いたいます。

サービス利用の料金(半日型の場合)※さいたま市の場合

要支援1 1割の場合 2254円/月 2割の場合 4507円/月
要支援2 1割の場合 4210円/月 2割の場合 8420円/月
要介護1 1割の場合 576円/月 2割の場合 1152円/月
要介護2 1割の場合 643円/月 2割の場合 1286円/月
要介護3 1割の場合 712円/月 2割の場合 1423円/月
要介護4 1割の場合 779円/月 2割の場合 1557円/月
要介護5 1割の場合 847円/月 2割の場合 1694円/月

サービス利用の料金(1日型の場合)※現在大和田店のみ

要介護1 1割の場合 845円/月 2割の場合 1690円/月
※入浴必要な場合
1割の場合 902円/月 2割の場合 1803円/月
要介護2 1割の場合 977円/月 2割の場合 1953円/月
※入浴必要な場合
1割の場合 1033円/月 2割の場合 2066円/月
要介護3 1割の場合 1114円/月 2割の場合 2228円/月
※入浴必要な場合
1割の場合 1171円/月 2割の場合 2341円/月
要介護4 1割の場合 1250円/月 2割の場合 22499円/月
※入浴必要な場合
1割の場合 1307円/月 2割の場合 2613円/月
要介護5 1割の場合 1387円/月 2割の場合 2773円/月
※入浴必要な場合
1割の場合 1443円/月 2割の場合 2886円/月

リハビリの効果

コンパスウォークに実際に通われている方の声

【氏名】Y様

【コンパス歴】約2年
【疾患】腹部大動脈瘤 脊柱管狭窄症→坐骨神経痛 骨粗鬆症
【実際の声】7か月間の入院を終えて、すぐにコンパスウォークを開始しました。 あの頃は入院生活が長かったため、歩くことはとてもできず車いす生活でした。当初は要介護4で、 退院時も普通の人と同じように日常生活を送る自信はありませんでした。そのため退院してすぐに コンパスさんにお世話になったのはよかったです。これといって努力はしていませんが(笑)。 今は杖は飾りで何かあってときにのための支えといったところです。少し太ってきたのでこれから 筋肉をつけるように頑張ります(笑)。

【氏名】H様

【コンパス歴】約4年
【疾患】脳動脈瘤→抗血栓薬内服 変形性膝関節症
【実際の声】コンパスに通って約3年(動画撮影時)になりますが、以前はとても落ち込んでいました。杖を突いて孫と動物園にいけるようになったぐらいよくなりました。コンパスさんを紹介してもらい、コンパスさんがなかったら私はどうなっていたんだろうっていうぐらい落ち込んでいました。そのぐらいつらかった。いつも笑顔で楽しい思いをしたいとおもって、コンパスがない日は寂しいぐらい。そのぐらいみんながよくしてくれました。本当に感謝しています。

【氏名】S様

【コンパス歴】約1年6カ月
【疾患】ペースメーカー 帯状疱疹 前立腺肥大
【実際の声】通い始めて約1年(撮影時)になりました。はじめは伝え歩きの状態でしたが、おかげさまでまだ長くは歩けないですけど大分自身がつきました。普通に歩けないのが残念ですが。はじめは機械だけの運動でしたが歩行訓練や整体をしていただき、もともと筋肉が硬かったのですが、こうすればいいと教えてもらい、なるべく自分でやるようにしテレビみながらでもやるようにしています。そのため大分体も柔らくなり筋肉もついてきました。普段あまり出歩きませんでしたが、なるべく自宅まわりを散歩するように今後も頑張っていきます。

施設内の風景やコンパスウォークの店舗情報

施設風景

店舗情報一覧